ラウンド体験記

静岡県 太平洋クフラブ御殿場コース ラウンド体験記

太平洋クラブ御殿場コースの特徴

静岡県御殿場市にある太平洋クラブ御殿場コースのラウンド体験記です。

言わずと知れた名門コース。三井住友VISA太平洋マスターズの開催コースです。その歴史は1977年からということはもちろん、毎年同じ会場で開催されるトーナメントは数えるほどしかありません。

コース設計・改造は加藤俊輔氏、コース改修設計(2018年)はリース・ジョーンズ氏で、コース改修監修はあのマスターズチャンピオンの松山英樹プロによるもの。

ティーは「トーナメント」「Back」「Regular」「Middle」「Front」「Ladies」の6種類。高低も無くフラットな地形に展開している全長7,327ヤード、パー72の林間コース。
フェアウェイは比較的広めですが、落としどころにはフェアウェイ左右にバンカーが効いており、距離もあるので競技志向の本格的なチャンピオンコースです。
グリーンは富士山からの吹きおろしによる目があり、ガードバンカーが配置され戦略性が極めて高いコースです。
この日は10.5ftとのことでしたが、下りは特に難しくトーナメントでは12Ftまで上げられるとのことでちょっと想像もできない感じです。

原則キャディ付きのラウンドですので、キャディさんとの会話も楽しめます。

▼▼▼ 予約はここから

コースの概要

太平洋クラブ御殿場コース
住所:静岡県御殿場市板妻 941-1
アクセス:東名高速<御殿場I.C.>より約9km・約18分
クラブバス:JR三島駅から

コース評価

太平洋クラブ御殿場コース ラウンド体験記

 5 おすすめ度 距離もあり本格的なチャンピオンコース、すべてのゴルファーは一度は行くべし

 5 コースクオリティ メンテナンスに費用をかけていることは随所に感じられる

 5 グリーン ベントのツーグリーン 常時10フィート前後の高速グリーンが楽しめる

 5 練習場 レンジ、アプローチ、バンカー、広い練習グリーン すべてが高品質

 5 アクセス 都内や神奈川からのアクセスは渋滞エリアを通過するためやや難ありだけどここなら許す

 5 コースの起伏 フラットな配置 歩きのプレーでも問題ない

 5 コースの幅 狭い感じはありませんが、落としどころはシビア

 5 コースの長さ バックからだと7,000ヤード超えのチャンピオンコース

 5 クラブハウス 設備は必要十分。建物は広くランチが凄く美味しい ショップが充実 リシャフトやグリップ交換も可

別の建物に工房兼ゴルフショップがあるが、置いてある商品も秀逸




太平洋クラブ御殿場コース 練習場

ロレックスの時計が輝いているドライビングレンジ。300yあるのでドライバーの弾道も確認できます。

タイトリストの練習ボールでした。

アプローチエリア(2面あります)中央にバンカーもあります。これだけの広さのあるアプローチ練習場はなかなかお目にかかれません。専用の練習ボールもおいてあります。

下記は練習グリーン。広いので他の方とカップを共有しなくても練習出来ます。

太平洋クラブ御殿場コース ホール写真

アウト1番

イン10番

イン17番ショート

18番セカンド地点から

18番池の手前からクラブハウス

 

まとめ

やっぱり最高でした。何か最高かってすべてが完璧に最高なのです。コース、戦略性、グリーン、メンテナンス、キャディ、レストラン、ショップ、工房、スタッフ、メンバーさん。

究極のゴルフライフを実現するとこうなるんでしょうね~ ここのメンバーになるにはパーソナル会員で380万円(税別)でかかりますけど、日本全国、海外でも利用できることや、つい最近でも新たなコースが誕生しているなど、このご時世でまだまだ発展しているのはすごいことです。銀座にもラウンジがあるそうなので行ってみたいです。

 


-ラウンド体験記

© 2021 サムライゴルフ