アマチュア競技情報

【今さら聞けない】ゴルフのQTとは?その意味を徹底解説

「QTって聞いたことあるけど、何の略なんだろう。」

こんな悩みにお答えします。

ゴルフには、様々なツアーがあり、トップのツアーに出場するためには一定の権利が必要になります。

その権利を獲得するためのひとつの方法がQTなのです。

この記事では、QTの意味や仕組みについて解説します。

QTとは、ツアーに出るための予選のこと

ゴルフのQTとは、クオリファイングトーナメント(Qualifying Tournament)の略で、ツアーの本戦へのシード権を持たないゴルファーが、シード権を得るために参加する予選のことです。

ツアーによっては、QTと同じ意味で、クオリファイングスクール(Q-School)と呼ばれることもあります。

QTにはどうやって参加するのか

QTは、アマチュアでも参加できるトーナメントで、ファースト、セカンド、サード、ファイナルの4段階に分かれたトーナメントによる勝ち抜き戦となっています。

QTのある代表的なツアー

Wikipediaにも書かれていますが、まとめるとQTのある代表的なツアーは次の4つです。

  • 日本ツアー
  • LPGA
  • PGAツアー
  • 欧州PGAツアー

日本ツアー

日本ツアー(日本ゴルフツアー機構)とは、1999年度から日本のプロゴルフツアーに関して主催を行っている団体で、ツアートーナメント、チャレンジトーナメントの出場権を争う競技としてQTを実施しています。

LPGA

LPGA(Ladies Professional Golf Association)とは、全米女子プロゴルフ協会のことで、2つのステージがあり、いずれもアメリカにて行われます。

PGAツアー

PGAツアーとは、アメリカおよび北米における男子プロゴルフツアーを運営する団体を指します。

PGAツアーのQTは、通称Qスクールと呼ばれており、上位25位までに入ればウェブドットコムツアーの出場権が与えられます。

欧州PGAツアー

欧州PGAツアーは、別名ヨーロー緋杏ツアーとも呼ばれ、前述のPGAツアーに次ぐ大規模なツアーとなっています。

まとめ

今回は、QTの意味や仕組み、種類についてお話しました。

QTとは、ツアーに出場するための予選会です。この予選会は、プロ・アマ関係なく参加できるものもあります。

実力をつけて、いつかは出場してみたいものですね。

-アマチュア競技情報

© 2020 サムライゴルフ