ギア情報 ゴルフクラブ

初心者が知っておくべきウェッジの種類とスペックについて

ウェッジの重要性

ゴルフでスコアアップするには、アプローチでピンそばにグリーンオンする技術が必要になります。
ウェッジで打ったボールがピンをいかに正確に捉えられるかが大切で、ウェッジの種類や特徴を知って、状況に合わせて使用しなければいけません。
初心者の方が知っておくべきウェッジの知識について説明します。



ウェッジの種類

アイアンセットのほとんどはPW(ピッチングウェッジ)までがセットになっています。
PWのロフト角は44度~48度で、個人差はありますが飛距離は100~120ydを打つ時に使用します。
ロフト角とはクラブフェースの傾斜角のことで、ロフト角が低いウェッジの方が飛距離がでます。
反対にロフト角が大きくなると飛距離はでませんが、ボールが高く上がりバックスピン量が多くなり、グリーンでピタリ止まるボールが打てる構造になっています。
基本的にウェッジは100yd以下の距離で使用するクラブで、ウェッジの種類とフルショットの飛距離は以下のようになります。
AW(アプローチウェッジ) ロフト角 47度~53度
飛距離は70~100ヤードで比較的アプローチに良く使用されています。
SW(サンドウェッジ) ロフト角は54度~60度
飛距離は50 ~80 ヤードで名前の通り主にバンカーで使用します。
LW(ロブウェッジ) ロフト角は60度以上
飛距離は40~60ヤードで、ロブショットといわれる高く上がるボールを打つ時に使用します。

ウェッジの各名称

ウェッジのソール部分の出っ張りのことをバウンスといい、ボールを打つ時に地面を滑りやすいようにして、ダフりのミスを軽減する役割があります。
バウンス角とはリーディングエッジとソールの頂点を結んだ直線と水平面の角度のことで、その角度が高いほどソール部分が出っ張っています。
バウンス角は10~11度がでっぱりが小さく、12度が標準で13~16度が大きめとなっています。
バウンス角が大きいと少々ダフってもソールが滑ってくれるので、ダフりやザックリが少なくなります。
またバンカーで使用するにはボールと一緒に砂も打つため、バウンス角の大きいウェッジの方が初心者には扱いやすいでしょう。
フェアウエイからグリーンを狙う場合は操作性が高い、バウンス角が普通から小さめのものが扱いやすいです。
これらを参考にして初心者向けのウェッジを組み合わせてみました。

おすすめのウェッジと組み合わせ

 

一般的にウェッジはPWから6度刻みでセッティングしますので、PWが44度であれば、AW50度、SW56度のように組み合わせます。
またロフト角が1度変わると飛距離は3~4ヤード変わることを覚えておいてください。
ウェッジはPWの他に2~3本セッティングしますが、初心者の方は2本で十分だと思います。
3本だとどれを使うか迷ったあげく、ミスをすることが多くなります。
おすすめの組み合わせは、ロフト角が50度のAWと56度SWを選ぶと良いでしょう。
50度のAW PWからSWの間の距離を打ち分けるには最も適しています。
またSWのバウンス角は13~16度の高めのものがバンカーショットも打ちやすいでしょう。
具体的なウェッジはプロゴルフーの多くが使用する、タイトリストのボーケイデザインスピンミドルシリーズを紹介します。
初心者には少々値段が高いかもしれませんので、このスペックを最高水準として、自分に合うウェッジを探してみてください



まとめ

ウェッジの種類やスペックを知っておくことは大切です。
自分に合ったウェッジを見つけたら、AWでもSWでも構いませんので得意なウェッジを1本作るよう練習に励みましょう。
そのウェッジを正確に打てるようになれば、ピンそばへグリーンオンすることができるようになり、スコアアップにつながります。


-ギア情報, ゴルフクラブ

© 2021 サムライゴルフ