ギア情報 便利グッズ

距離計測器「ファインキャディ J100」

距離計測器「ファインキャディ J100」

今までゴルフの距離計測器はGPSタイプのものを使っていました。
理由は値段が安いことと、かさばらないことです。
レーザー距離計測器は正確なことは分かっていましたが、値段が高くてラウンド中はかさばるイメージがあり購入を躊躇していました。
今回初めてレーザー距離計測器を購入しましたので紹介したいと思います。
購入したのはファインデジタルが販売するレーザー距離計「ファインキャディJ100」です。
この商品の最大の魅力は必要な機能が全て備わっていて、定価が19,900円と非常にリーズナブルなところです。
「ファインキャディ J100」の機能面・操作面を記載します。

FineGPS (fine-gps.com)

【楽天市場】ファインキャディ・ファインビュー直営店:FINEDIGITAL楽天市場店[トップページ] (rakuten.co.jp)

 

1.計測可能距離

まず1,000メートル(約1,093)を計測することはありませんが、これだけの計測余裕があれば使用に全く問題はありません。
計測距離もメートルとヤードの切り替えができるの、ゴルフ以外の距離測定にも使えそうです。

2.距離測定の確定は振動で知らせてくれる

ピンを測定時にピンファインダーが搭載されており、他のものに邪魔されることなく測定ができて、完了時は振動で教えてくれます。

 

3.操作は簡単

測定は本体上部の二つのボタンで、短押し・長押し、ヤード、メートル、高低差機能、モード切り替えができるので操作が簡単です。

4.スロープモード(高低差)も搭載

スロープモードはアマチュアゴルファーには必須機能です。
この機能があるのでキャディがいなくても安心してピンを指して狙えます。
スロープモードにON・OFFの機能がありOFFにすると赤いランプが灯るので、外観からもスロープモード仕様・未使用が分かるようになっています。
これで月例などの競技ゴルフにも使用することができます。

5.USBケーブルでの充電式

電池式の距離計測器をもありますが、やはり充電式の方が何かと便利です。
一回の充電で30,000回の計測ができて、15秒で電源が自動的にOFFになるので放電も安心です。

6.サイズ

大きさ105×66.4×38mm、重量約161g、生活防水使用
実際に使った感想
まず大きさですが、GPSの距離計測器と比較するとさすがにかさばります。
これは専用ケースをベルトに着けて使用することで直ぐに慣れました。
操作は簡単で、計測速度も速く距離も正確です。
残念なのは霧がでると計測が困難なことですね。
霧の時ばかりは腕時計型のGPS距離計測器を見ますが、それ以外は「ファインキャディ J100」で測定しています。
価格、性能、使いやすは満点に近い評価です。

-ギア情報, 便利グッズ

© 2021 サムライゴルフ